2017.05.05

hyoshi_0317_2 cut 001

うちはしがない米農家ですが、お米の美味しさを少しでも広めたい!との思いで
お米料理のレシピ本を出版させていただいております。
『お米やま家のまんぷくごはん』主婦と生活社・刊
おかげさまでこの度、増刷になりました。

著者:米農家やまざき 山﨑宏・瑞弥
取材・編集:おおいしれいこ
写真:大沼ショージ
デザイン:drop around 青山剛士・吏枝
イラスト:波多野光
編集担当:深山里映

さらに、スペシャルゲストとして、ごはん同盟さん
レシピ指南役として、La Bonne Nouvelle 佐々木隆行シェフ
minokamo 長尾明子さん
YAMASAKI DESIGN WORKS 山﨑宏さん
くいしん坊界の猛者たちからいただいた、おいしいアドバイスを参考に練り上げたレシピたち。

巻末には、エッセイストであり「in-kyo」という素敵な生活道具店の店主でもある、長谷川ちえさんが言葉を書き添えてくださっています。
素晴らしいメンバーで、おこめ本を作り出せたことに感謝するばかり(涙)

お米やま家の、めしたき覚え書き・ごはんレシピ・お米のはなし・
料理上手な友人から教わったスペシャルごはん・偏愛ごはん道具…ごはん大盛りの一冊。

お手にとっていただき、日々の「ごはん」のおともにしていただければ、さいわいです。

全国の本屋さんや、おこめやま家・イベント会場にて販売させていただきます。
Amazonでもお取り扱い頂いております。

もちろん、お米といっしょに送って〜という御用命も、喜んで承りますよ!
ご希望であれば、稚拙ながら、サ、サ、サインもさせていただきます!
どうぞ、よろしくお願いいたします。

2016.10.12

14524620_1013602915452185_630188764455141532_o

本日の内職さん2名。
お米農家やまざきの米袋パッケージは、ハンコもシールも「ザ・家内制手工業」
おこめやま家のロゴやパッケージをデザインしてくれたのは drop around

パッと見て美味しさを感じてもらえ、お米作りの姿勢も伝わる、シンプルなデザイン。

資材費を抑えるため、1袋づつに気持ちをコメるため、
自分たちで手を動かすことで完成するデザインです。
運動会の振替休日で家にいる娘(4歳)の有り余るエネルギーを使って、
お米袋のラベル貼りのお手伝い。

仕事がある、ありがたさ。
家族がいる、ありがたさ。

かみしめつつ、今日もめいっぱい働きます。

2014.12.04

検査結果
たまには、ちょいと真面目な話も。

玄米や五分づきなど、栄養価の高い胚芽も含めてまるごと食べられるのが、農薬を使わず育てたのお米のよさです。
薬を使用した場合、胚芽の部分に農薬が残りやすいので、みなさんお米をお求めになる際は気にしてみてください。

我が家の無農薬米は、育てる過程はもちろん、
除草剤・防虫剤・消毒剤などの農薬を使いませんが、
田んぼの水路や風にのってやってくる薬の影響も考えて、自主的に検査を受けています。

お米を収穫したら、すぐ検査に出します。
今年は「つくば分析センター」で検査を受けました。
残留農薬や飼料添加物、さらに動物用医薬品など、
250品目にわたって、厳しい下限値での検査。

もちろん、放射性物質についても、下限値1ベクレルでの検査を受け、
検出せずという証明をいただいております。

検出せずという結果が出て、ほっ。
今年も、安心して、お召し上がりいただけます。

この検査費、自腹で5万円近く。うーん高い。
毎日食べるものだからこそ、農家として信頼してもらってるからこそ、
ちゃんと検査を受けて、
お召し上がりいただく方々に情報を開示することが、必要だと思うのです。

この検査表をじっくり見てみたいという方は、いつでもお声かけください。
お届けしますよ。

2014.09.10

櫂 稲刈り

いよいよ、稲刈りが始まりました。

手に鎌を握りしめ、稲を刈り取る息子。七歳。

真剣です。

稲穂と、子の、成長に感謝。

2014.06.22

蜻蛉 4227 500

朝の田んぼ。
うまれたての蜻蛉。

羽根の露を乾かしています。

そろそろ、水田の草とり(個人戦)が厳しくなってきました。
団体戦に参加してくださる方を募ります。
6/28・7/5・7/6あたり、いかがでしょうか?

場所は、茨城県常総市石下の田んぼです。
メールくださった方には、折り返し、御連絡させていただきます。
よろしくお願いいたします。