2017年 新春のお慶びを申し上げます。

15799933_1088709031274906_7819646657284282012_o

お正月。
水屋の中の器たちをすべて出して洗って干して、超スッキリ。清々しい。

あたらしい日常料理ふじわらさんが作って持って来てくださった「餅花と蠟梅」と、
ことほきさんが うちの稲藁を使って作ってくださった「しめ飾り」と、
ヒロシが餅米の籾種から育てて作った「鏡餅」を飾って。

2015年秋、鬼怒川決壊という自然災害が起き、うちも水深2mの浸水という被害を受けました。
その時、田んぼレスキューで救い出した籾種から苗を育て、田植えして、お米が実り、収穫までバトンを繋ぐことができて、1年を通して、米農家としての仕事(出荷や出展)を続けることができた。
さまざまな場面で、自分たちにとって大切なことを、骨身にしみて気づかせてもらった。

そして迎えた、今年のお正月。

かぞく。くらし。しごと。
だいじなものをだいじにできる。
おだやかな時間をすごせることに、心から感謝。

2017年が、みなさんにとって幸多き日々の重なりになりますように。
日常を慈しみながら、田んぼで農作業ができる喜びをかみしめながら、米づくりに励みます。

本年も、よろしくお願いいたします。

戻る
2017.01.04