早苗たち。

うちの田んぼでは、大人も子供も、素足+素手で田植えしています。
冷たい水温。足裏にふれる泥の感触。
土のあたたかさ。頬にあたる風。水面に映る空。小さな苗に満ちる生命力。

この感覚を、こどもたちに憶えていてほしい。
ふだんは忘れてていいから、ふとした時に思い出してほしい。

まだ幼い苗たち。
田んぼの土に、しっかり根を張り、水と土の栄養を吸収して、葉を広げ、
太陽の光を浴びて、すくすく育ち、雨風や雑草に負けず、豊かに実ってほしい。

そう願いながら、田んぼと苗のお世話に励む5月。いい季節です。

戻る
2017.05.17